河川工事 長野県某所

長野県某所で河川工事を行ないました。
さて、ここからは河川工事に関する情報をご紹介しましょう。

河川工事の役割とは

大雨などによる水害を防ぐために行なう工事のことを河川工事といいます。
堤防・川底などの施工や水門の設置など、河川の氾濫を未然に防ぐための工事です。

河川工事の種類

河川工事には、砂防工事・地滑り防止工事・砂防ダム建設・堤防建設・床止め工事・被門工事・河道掘削工事があります。
砂防工事は河川周辺地域に土砂災害が及ばないようにするための工事です。
地滑りを防止する地滑り防止工事は、抑制工と抑止工の二つの工法があります。
砂防ダム建設は土砂の流れを抑えるための工事です。
堤防建設は河川の氾濫を未然に防ぐために施工されます。
床止め工事は川底を強化するためにコンクリートなどを設置する工事です。
被門工事は川の逆流を抑制するために水門を設置する工事です。
河道掘削工事は川底を掘削して、洪水のときの水位を低くするための施工です。

各種施工のご依頼・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
皆さまからのご依頼・ご相談をお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ